忍者ブログ
そんなあンたにシャバダバダ
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今までは「別にイイや」と思っていたんですが、やはりこれを書かなければ先へは進めない。という思いが少なからずありました。

まあ、自慢ですが、これを書かないで仕事に打ち込んできた数年で、職場の責任者になり、会社で表彰も受けたわけですから、こんなもん書かないで真面目に働いてりゃいいじゃんエヘヘ的な考えが僕の中で賛成多数なんですが、それでもやっぱり書かなきゃならないのです。
(ちなみに長丁場になると思いますので、米んとくれると嬉しいです)


さて、中国の歴史に「和氏の璧(かしのへき)」の話があります。「壁」とは宝玉のことです。

*******************************************************************

戦国時代の楚の国にいた卞和氏(べんかし)が、山中で玉の原石を見つけ厲王に献上しましたが、鑑定の結果は「タダの石」でした。王は怒って卞和氏の片足を足切りの刑に処しました。
厲王が亡くなった後、卞和氏は再びその玉を武王に献上しましたが、結果は同じで、残る一方の足も切られました。

その後、文王の代に、卞和氏はその原石を抱いて三日三晩泣き続けました。
王は不思議に思いわけを聞きました。
「足切りの刑にされることなど珍しくもないのに、何故お前はそこまで悲しむのか?」
卞和氏は答えました。
「足切りになったことが悲しいのではありません。この璧を認めてもらえないことが悲しいのです」

王が試みにその石を磨がかせてみたところ、その原石は素晴らしい璧となりました。
卞和氏の名を取り、「和氏の壁」と名づけられました。

*******************************************************************

この璧はその後、至宝として歴史に登場します。
一番有名なところでは、「完璧」の語源となったところでしょうか。(これに興味のある方はコチラ→藺相如
ちなみに藺相如は、僕が歴史上で一番好きな人物です。

僕は和氏の璧の話が大好きです。
人の使命の深さ。信念を貫くこと。そして良いものは、絶対にいつか価値が認められるということ。色々な大事なことを教えてくれるエピソードだと思います。

だから僕も、たまには自分の大事なことを、大事なままに発してみたいと思います。

いつもどおり長い前置きでしたが、次回から「Graduation(卒業)」の本編です。
これは僕が昔、新入社員に話したことを思い出しながらテキストにするというものですが、きっとどんな人にも価値のある話だと思っています。少なくとも、これが僕の人生の根幹を成す、僕にとって大事なこと。譲れないことの一つなのは間違いありません。

僕がこれからする話を「良い」と思うあなたは正しいでしょう。
そして、この話を「くだらない」と思うあなたも正しいのです。
そのことを忘れないでください。
僕がそうであるように、あなたの璧も、あなたが見出すのですから。
(続く)
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あれあら♪ おかえり~
大不況に、休みがないとはスゴイです
続き楽しみにしています

私は和氏の壁の話がキライです
まるで自分の人生みたい・・
あれ??ということは今後壁がひかる?

ミュウ2 2009/09/13(Sun)00:25:33 edit
Re:無題
嫌いとかいうなよぅ><
俺はミュウ2のひと愛してるぜぃ(三船敏郎の椿三十郎風に)
もちろん息子込みで愛してるぜ!
というか僕を息子にしてください!
【2009/10/07 00:49】
ara♪
( ^ω^) ㌧

2009/09/13 24:50~25:45 の放送内容 日本テレビ .NNNドキュメント’09 
「法服の枷 沈黙を破った裁判官たち」

違憲判決、辞表、冷や飯・・・裁判所の内側を書いた日記良心と保身
裁判所という大きな組織、その中で出世を重ねるには上司に気に入られなければならない…36年前、
初めて「自衛隊の憲法九条違反」を認定した福島重雄さんの日記だ。
判決後、再び裁判長の椅子に座ることはなく小さな家庭裁判所で退官を迎えた。
「多くが良心と保身の狭間で葛藤している」と語る元裁判官もいる。
市民参加の裁判員制度が始まり“開かれた”とアピールされる反面、依然“閉鎖的”との印象が拭えない現実を検証する。
ミュウ2 2009/09/14(Mon)00:21:51 edit
Re:ara♪
ワケワカメ^^;
【2009/10/07 00:50】
確かに^^;
( ^ω^) ㌧
おカミに対し
「信じることを貫く不器用者」
繋がりでした
ミュウ2 2009/12/28(Mon)21:00:27 edit
無題
>ミュウ2さん

それはマジわかりづらいよ^^^;;;
しかし、反骨精神は僕という人間を表す上で最大の特徴なので、そういう意味では言いえて妙かも。
R8 2009/12/29(Tue)01:42:13 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/20 ミュウ2]
[02/20 ミュウ2]
[02/20 ミュウ2]
[02/06 R8]
[02/05 やっさん]
最新TB
プロフィール
HN:
R8
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.