忍者ブログ
そんなあンたにシャバダバダ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

命はつながっている。
全ての生き物の命、それらが一つの命を形成している。
何一つ、誰一人欠けてもならない。みんなの命が、私たちそれぞれの命なのだ。

そんな話を聞いたことがある。

例えば、汚い野良犬がいる。
例えば、イヤミが趣味で偉い人にゴマをするのが特技のイヤな奴がいる。
例えば、とても純粋なのに、心が弱くて自堕落な生活から抜け出せない友人がいる。

私の命が、今、ここにあるのは、それら全ての命とのバランスから成り立っているのだという、そんな話だ。
なんとなく説得力があって、なんとなくいい話だと思ってしまったが、これまたなんとなく、矛盾も感じる。
例えば、人を殺したりする人なんて、その全体性のどの役割を担っているのか?ということだ。
全体のバランスを壊す役割も、その全体性の維持には必要だということだろうか?
それは今ひとつペテンくさい話のように思える。実際のところはどうなんだろう?

どうしようもないほど寒い朝、そんなことを考えながら、私は会社へ向かっていた。
いつもより少し遅くに家を出たので、いつもより少し早く歩いていた。

人ごみを避けて入った細い路地で、くたびれたジャンパーを着た男がフラフラ歩いていた。大きなバッグを肩にかけているのだが、それが邪魔でしょうがない。追い抜きたいのだが、持ち主がフラフラしているせいもあって、なかなか上手く追い抜けるタイミングが掴めない。
私は歩くペースを前の男に合わせざるを得なかった。

どうしようもない奴だ。
そう思った。
こんな奴が世の中の誰のために、何の役に立てるというのだろうか?
周りも見えていない。朝からフラフラほっつき歩いて、仕事をしてるのかどうかもわからない。
こんな奴と自分の命がつながっているとか、こんな奴の存在が自分の存在に必要だとか、そんな馬鹿げた考えには頷けない。どう考えても、私の人生にこんな奴は必要ない。

ようやく曲がり道でその男と別れることの出来た私は、先の道を急いだ。
歩道橋を駆け上がり、交差点を絶妙のタイミングでやり過ごす。順調なペースで歩いていた。
駅前のビジネスホテルの前まで来た。そこの角を曲がれば、あと100メートルほどで会社に着く。

と、思った刹那。
突然、一台のトラックが私の目の前数センチのところを、狂ったような勢いでバックで横切った。
そこは曲がり角の手前の、ホテルの搬入路だった。普段私が通る時間は門が閉まっていたので、まったく気に掛けていなかったのだ。

驚いた私は石のように固まってしまった。頭の中が一瞬で真っ白になった。
混乱していた私は、謝るトラックの運転手に、何故か笑顔と会釈を返し、そしてまた会社へと向かった。
人間は混乱すると、一番当たり障りの無い行動を取ろうとするらしい。たとえそれが全く間違いだとわかっていても、だ。

私は会社への残り少ない道すがら、頭の中を整理し直した。

命はつながっている。…バカらしい。
フラついていた男。…邪魔者。おかげで少しペースが落ちた。
飛び出すトラック。目の前が一瞬で鉄の塊になったあの瞬間。…あと2歩か3歩早かったら、間違いなく轢かれていただろう。
…早かったら轢かれていた。
早かったら。
轢かれていた。

私はハッとした。あの邪魔な男のおかげで私は助かったのかもしれないのだ。
今朝の出来事が全て繋がった。

そうかもしれない。
人間は、いや命は、つながっている。
…かもしれない。
でも、そう気付いたとき、何故か私はホッとしたのだ。

だから、信じてみようかな。
今、こうして、生きてるんだし。

(了)
PR
今、ものすごい勢いで仕事中なんですけど、どうしても頭から離れない悩み事があって困ってます。

それは、もしもこんな5人の女の人に言い寄られたら、誰と付き合ったらいいんだろう?という深遠の極みとも言える人生の命題なのです。

①顔は奇麗なんだけど、ドSで高慢で自分が地軸な女の人。
②性格は良くて顔は普通なんだけど、涙目になってしまうほど口臭のキツい女の人。
③超おっぱいデカいんだけど、顔がTAWARAちゃんに似てて、心の病のある女の人。
④すごい優しくて、信じられないくらい気が合うんだけど、20歳年上で、孫がいる女の人。
⑤ありえないほど心が美しいんだけど、食欲が無くなるほど不細工な女の人。

うーん。迷う。迷う。迷う。
仕事が手に付かないのもしょうがないね、こりゃあ^^^

もう20年くらい告白なんてされたこと無いのに、何故か気になってしょうがない今日この頃なのですよっと。

死ぬな。これ命令な。

お前が死んだら残された人が悲しむだろ?
「あの時様子がおかしかったから声を掛ければ良かった」とか、「もう少し踏み込んで付き合えば良かった」とか、お前がなんとも思っていない周りの人は、これから一生お前の事を後悔して生きていくんだ。大迷惑だろ。

ぶっちゃけ身勝手なおめーの死よりも、周りの人間が苦しみながら今後生きていく方が可哀相。だからダメ。死んじゃダメ。ゼッタイ。

自分が必要とされてないなんて思い違いだぜ。
なぜなら、必要の無い人間は生まれてこないから。それが摂理。

絶対敵わない敵に押しつぶされそうになったら、逃げればいいじゃん。
お前を苦しめて雁字搦めにするものがあったら、そこでこそ命を懸けて逃げろよ。
逃げ道は必ずあるから。仲間は必ず見付かるから。

でも自分の境遇に不満を抱くなよ。受け入れてみろ。
人は自分で選んだ道だけを歩むんだ。お前の今現在も、お前の選択の積み重ねだ。それを理解して逃げろ。他でやり直しはできる。生きてる限り、リセットボタンは押し放題なんだぜwww

子は親を選べないとか、屁理屈を言うのは止せ。
”子は親を選んで生まれてくる”
お前が生まれたのは、お前の意思だ。

俺が嘘を吐いてると思うか?
どう思ってもいいが、もし少しでも俺の言った事に「本当だったらいいのに」と思えることがあったなら、信じてみてくれよ。きっと未来が明るく思える。保障する。

俺はいくらでも怒るし、いくらでも嘘を吐くぜ。
お前の生きるその一日が、俺にとって最高の、平凡な一日だから。

もう、俺の友達にはそう言ってやれないからさ。

今年の俺様の上司からの可愛がられようといったら、mixiでネカマやってる時と変わらないほどであるから色々な意味でビックリである。

何故ここまで可愛がられるようになったかというと、それはTVで出川哲郎が言ったセリフに感銘を受け、彼のように行動するようになったからである。

「俺の唯一の自慢は、どんな仕事が来ても断った事が無い事だ」

深けーよ!出川!
クソつまんねー芸人のくせにTVにはちょくちょく出ててウゼーなーと思っていたが、そういうことか!

使い勝手が良いって事は、大きな特徴である。
かくいう俺様も部下を持つようになって10年以上になるわけだが、部下を評価する時の一番のポイントは、「俺様の言うことをきくか?」である。

それはイエスマンではない。
プロフェッショナルは、クライアントを裏切らないのだ。
上司と部下も、見方を変えれば客(上司)と店員(部下)の関係なのだ。
だから上司に反抗する者は、客の前に出さない。こういう人間は「客の前ではそんな態度を取らない」と言うのだが、いざ客の前に出すと、必ず上司に対するのと同じ態度を取る。それどころか、気の弱そうな客には、もっと横柄になる。プロとして最低である。

俺様は部下を評価する時は当然、そのような事も考慮して評価する。もちろん俺様の上司も、俺様に対する時はそのように評価するのだが、俺様は上司より経験も知識も豊富なので、仕事の方向性などで意見が対立すると「素人が!」などと上司を罵倒する。上司はすごすごと引き下がり、ほとぼりが冷めた頃に俺様の意見と自分の意見の折衷案を出す。俺様は受け入れる。しかし上司の評価はそんなに高くない。俺様の能力は役員も知っているので、最終的にはそんなに評価を下げられることは無いが、そんなに上げてももらえない。

だから出川哲郎の言葉を聞いた時、正直「負けた」と思った。
彼は俺様に出来ないことを長年やり続け、実力以上の評価を受けている。
だから俺様は出川哲郎を見習って行動するようにした。それが冒頭の可愛がられように現れているわけである。しかも俺様はその事よりも、上司の期待を裏切らない自分に満足しているのだ。自分が変われば他人も変わる。俺様はその事を、身をもって出川哲郎から教わった。

ありがとう。出川哲郎。

blogとか氏ねばいいのに。

わたくしが何故そう思ったかと言いますと、人にテキストサイトの事を説明しても、「blogみたいなやつ?」と問われてしまい、「いや、テキストサイトというのは自分で話を創作したり、現実にあったことをデフォルメしたりして、読み物としてのクオリティを追求するサイトなんだ」「はぁ?なんか難しそう」「いや、そんなことないよ。ちんことかまんことか書きまくってるし」「あぁ、結局blogみたいなやつ?」「いや、テキストサイトというのh(ry」「はいはい、blogblog」という結末になってしまい、blog扱いされてしまうのが腹立たしいからでございます。

ちなみにわたくしのサイトはテキストサイトを名乗ってはおりますが、更新したあと5時間くらいは推敲してUPし直しておりまして、1つのテキストを更新するときは10回くらいUPし直しております。未完成の文章上げてんじゃねーよ、という当たり前の意見はわかるのですが、こっちだってサクラエディタで更新してんだからうpしてからIEで見て直してんだよ、という次第ですのでごめんなさい。なんかPCの調子悪くてhtmlエディタの動きが遅いんです><;(ファイルオープンに5分くらい掛かる。そのうち70%はフリーズ^^^;)

だからつまり、blog氏ね。ということでございます。

<<< 前のページ HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[02/20 ミュウ2]
[02/20 ミュウ2]
[02/20 ミュウ2]
[02/06 R8]
[02/05 やっさん]
最新TB
プロフィール
HN:
R8
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.